北陽URG-04LXスキャニングレーザー距離センサ:ロボショップ

北陽URG-04LXスキャニングレーザー距離センサ:ロボショップ
概要北陽URG-04LXの検出可能範囲は20mm〜4000mm100ms/scan(走査時間)動作電圧5V角度分解能は0.36°の高精度、走査範囲は240°角USBとシリアル(RS-232)対応で柔軟性のあるインターフェース北陽UR??G-04LXスキャニングレーザー距離センサは、ロボットに最適な小型で手頃な価格の正確なレーザースキャナーです。 URG-04LXは、240°の弧(0.36°の角分解能)で2mmから4m(1mm分解能)の範囲をけnに20ミリメートルから範囲を検出することができます。 12V 500mAの消費電力で、バッテリ駆動のプラットフォームで使用することができます。 センサケーブルが付属されています。 用途ナビゲーションと障害物検出:移動ロボットや自律システムのためのガイド経路計画オブジェクトの位置:無人搬送車のドッキング制御プロセスオブジェクトの輪郭描き出し:貨物コンテナやパレットの荷積み&荷下ろしオブジェクトの測定および検出:パッケージ、パレット、バルク材料の流量測定エリア監視:建物警備と入り口仕様Class 1赤外線レーザースキャナ(0.8mW以下)軽量(160g) 範囲:20mm〜4000mm超コンパクトサイズ(50 x 50 x 70mm) 精度:+/- 10mm走査時間:100 msec 低消費電力(2.5W)で、ロボットのバッテリ寿命を長持ちさせます。 5Vで500mA 1年間の製品保証寸法50 x 50 x 70 mm / 1.97″ x 1.97″ x 2.76″139g

ロボットならロボショップとなるように頑張っているのを感じてるね!これから期待しています。